滝沢カレンの日本語はわざと障害?

滝沢カレンは、日本のファッションモデル及びタレント

です。

滝沢カレンは、父親がウクライナ人で母親が日本人の

ハーフです。

その滝沢カレンの日本語が変と言われわざとその様な

話し方をしているのかそれとも何らかの障害が理由で

日本語の話し方が変なのかと話題になっています。

スポンサードリンク

滝沢カレンの日本語が変な理由は、実は滝沢カレンの

母親のせいだと言われています。

滝沢カレンの画像

その理由は、滝沢カレンの母親は通訳をしていた関係上

片言の外国人の影響で日本語が不自由で変になったと

答えています。

2015年6月2日放送の日本テレビ系列の踊る!さんま御殿!!

と言う明石家さんまがMCを勤めているバラエティ番組内

で度々話の筋が見えない日本語を発言をしたため他の

出演者から何歳から日本で暮らしているのか?などと質問

されていましたが滝沢カレンは、生粋の日本生まれの

日本育ちだそうです。

そして踊る!さんま御殿!!で初登場ながら踊る! ヒット賞

を獲得しました。

踊る! ヒット賞とは、毎週放送される踊る!さんま御殿!!

で最も面白い話題を提供したゲストに好きな物をプレゼント

する賞の事です。

滝沢カレンの話す変な日本語は、わざと話しているには

見えませんし言語障害を患っているのでは、なく単に

日本語のボキャブラリーが不足している為、それで

話し方が変になると私は思います。

キャラが強烈だったモデルにローラがいましたが

ローラの場合は誰にでもタメ口で話すのが特徴

でしたが滝沢カレンの変な日本語がローラ以上の

インパクトがあると思います。

親子揃ってのツーショット画像

滝沢カレンは、父親がウクライナ人で母親が日本人の

ハーフなので生粋の日本人と言うことをこれだけ

世間にしられては、今更、日本に来たばかり等とそう

言う嘘もつてないですね。

滝沢カレンの変な日本語がバラエティ番組で浸透

するかは、今後の彼女の頑張りしだいだと思います。

滝沢カレンの卒業した高校や大学は?

滝沢カレンは、ハーフモデルとして人気ですが

モデルの他にもバアエティ番組でも活躍中です。

滝沢カレンがブレークしたきっかけは、話す日本語

が変だとゆうことで只今ブレーク中です。

滝沢カレンの高校時代

 

滝沢カレンですが、日本語が変な事からわざと

とか障害とかあげくの果てはバカだと思う人も

いる様です。

そんな滝沢カレンの出身高や大学などを調べて

みました。

滝沢カレンは、芸能人がよく通っている日出高校

出身です。

公式のプロフィールでは出身高校は非公表ですが、

グラブアアイドルの村上友梨が自身のブログで

滝沢カレンを高校時代の友達としてけい掲載した

事で滝沢カレンは、日出高校出身だと言うことが

ばれてしまいました。

また滝沢カレンのかよっている大学は一部の噂で

法政大学出身ではないかと言う噂が立ちましが、

大学の噂はガセネタで法政大学の教授で滝沢カレン

に名前が似てる教授の存在が滝沢カレンが法政

大学を卒業したのではないかと噂が出た原因の

様です。

また滝沢カレンが日出高校出身であることが

ブログで分かった村上友梨は、亜細亜大学に

入学しまさいたが仕事に専念すると言うことで

現在は、亜細亜大学を中退した様です。

スポンサードリンク

滝沢カレン(たきざわ かれん)のプロフィール

滝沢カレンは、1992年5月13日生まれの日本のファッション

モデル及びタレントです。

滝沢カレンの画像

 

滝沢カレンは、父親がウクライナ人、母親が日本人の

ハーフです。

東京都出身の滝沢カレンの所属事務所はスターダスト

プロモーションです。

愛称:カレン、キャレン

生年月日:1992年5月13日

現年齢:23歳

出身地:東京都

血液型:AB型

瞳の色:茶色

毛髪の色:茶色

2012年時点の公称サイズ

身長:170cm

体重:― kg

スリーサイズ:81cm – 58cm – 85cm

デビュー:2008年

ジャンル:ファッション

モデル内容:一般

他の活動:タレント

事務所:スターダストプロモーション

滝沢カレンの母はバレエスタジオのオーナー?

モデルでタレントの滝沢カレンが4月12日(火)

放送の日本テレビ系列放送のさんま御殿3時間SP

最強女子アナ春の乱!SP話題のイケメン美女祭

滝沢カレンが母親の宮沢さゆりさんと一緒に出演

しました。

滝沢カレンと宮沢さゆりが親子でさんま御殿に出演

滝沢カレンは、ウクライナ人の父親と宮沢さゆり

さんとの間でハーフとして生まれました。

さんま御殿3時間SPで母親の宮沢さゆりさんが

番組内でその理由を暴露したそうです。

滝沢カレンの母親である宮沢さゆりさんは、

子供の頃からバレエを習いたいと思っていま

したが両親にやらせて貰えなかったので

親に内緒でお小遣いをためて親に内緒で

親に秘密にしてこっそりと近くのバレエ

教室にに行ったそうです。

そしてある日に、ボリショイバレエ公演の

ロミオとジュリエットを観に行き感動して

ロミオとジュリエットを観賞する前は、

バレエと言えば白鳥の湖しかないと思って

いたのでこれが本物のバレエなんだと、

ものすごくカルチャーショックを受けた

と語っ得いました。

それと同時に、今習っているバレエを、

疑問に思いその疑問を解決するのは、

ロシア語を勉強すればその疑問の答えが

分かると思い独学でロシア語を始めたのだ

そうです。

しかし独学でロシア語を学ぶには難しい

と思い両親に相談したところ今バレエを

やってるみたいだけどそのバレエを辞めれ

ばロシア語を習わせてあげると言われたそう

です。

宮沢さゆりさんがバレエを習っている事は、

両親はうすうす感じていたようですね。

そしてバレエかロシア語のどちらかを選択

するとき、宮沢さゆりさんは、ロシア語を

勉強するほうを選択しました。

当時のソ連はまだバレエ留学の門も開けて

いない時代だったそうで、唯一、語学留学

だけは可能あった為に宮沢さゆりさんは高校

を卒業後、親に内緒で働いてロシア語を学ぶ

留学費用を貯めたそうです。

そして留学を終えて、日本に帰ってきてから

初めての仕事が、幸運にもロシアのバレエの先

生のレッスン通訳の仕事でした。

通訳しているロシア人の先生のレッスンは

素晴らしくこの様な教え方をしているから

素晴らしい舞台ができるんだとそこで思った

そうです。

宮沢さゆりさんの画像

現在、滝沢カレンの母親である宮沢さゆり

さんは東京都港区北青山3-5-25 表参道ビル4F

がアートスペース 5F バレエスタジオのリビ

ーナのオーナーだそうです。

宮沢さゆりさんがバレエスタジオのリビーナ

のオーナーになれたのはさゆりさんの父親が、

表参道で経営していた建築事務所を閉じて

しまいビルのテナントがあいていてそこを

バレエスタジオにしたそうです。

そして、間もなくさゆりさんの父親が病気で

倒れ病気の父にはわからないからと、またも

や親に内緒でバレエスタジオをオープンした

そうです。

バレエスタジオリビーナのバレイエの先生は

全員がロシア人で、プロのダンサー出身です。

まさにこれは宮沢さゆりさんが持つ人脈があって

こそのバレエスタジオのリビーナのオナーになれ

る理由ですね。

ロシアバレエに興味のある方やレッスンを受け

たい方は、滝沢カレンの母親がオーナーの

バレエスタジオのリビーナで一度体験レスン

を受けて見て下さい。

スポンサードリンク